ホーム > 預金の相続手続きに関して

預金の相続手続きに関して

預貯金の相続に関しては、被相続人が口座を所有していた金融機関にて、亡くなられた日時点での残高証明書を取得します。その残高証明書に記載された残高をベースに相続人間での遺産分割及び相続税の申告をしていきます。

しかし、注意が必要なのは被相続人の生前に、通常生活に使う金額よりも多い預貯金の引き出しがある場合です。このような場合には、税務署の調査にて、使途を明らかにするよう求められますので、事前に確認をし準備をしておく必要があります。

また税務調査では、相続人名義の預金通帳の開示も求められますので、被相続人から相続人やその他の親族への預貯金の移動については特に注意が必要となります。場合によっては、被相続人の財産と認定されることもあります。