限定制につきましてはこちらをご覧ください

相続の知識

2012年9月26日 水曜日

H24相続税制改正(贈与税の納税猶予、特定貸付の特例の創設)

平成21年の税制改正により、「農地等の相続税の納税猶予」の適用を受けている者が、特例を受けている農地等について、農業経営基盤強化促進法に基づく一定の事業のために貸し付け(以下「特定貸付」という、下記参照)を行った場合には、納税猶予が継続されることになっています。

>>続きを読む

投稿者 税理士 宮城 洋平 | 記事URL

2012年7月11日 水曜日

H24税制改正(連帯納付義務の見直し)

先日やっとの思いで衆議院を通過した「社会保障と税の一体改革法案」ですが、その中からは相続税の基礎控除減額等の大幅改正項目は、除かれ消費税のみの改正にとどまりました。ただ、基礎控除減額等を含む相続税の大幅改正については、廃案になったわけでなく、またもや次回へ持ち越しということで、H25年度の税制改正で再び議論されることになりました。今回は、大幅な改正を控えていることもあり、軽微な変更にとどまりまったH24年度改正について、いくつかあるうちの「連帯納付義務の見直し」を取り上げてみたいと思います。

>>続きを読む

投稿者 税理士 宮城 洋平 | 記事URL

2012年4月 4日 水曜日

遺産が未分割である場合の取り扱い

税理士事務所はだいたい毎年12月末の年末調整に始まり、3月15日の確定申告をピークに繁忙期が終わります。どうしても期限が設定されている仕事なので、遅れるわけには行かず業務が集中し、忙しくなってしまいます。当事務所も、その為(いい訳?!)しばらくブログを中断してしまいましたが、また再開していきますので宜しくお願いいたします。
期限の話が出たので、今回は相続税の申告期限について取り上げたいと思います。

>>続きを読む

投稿者 税理士 宮城 洋平 | 記事URL

2012年1月29日 日曜日

非上場株式等についての贈与税の納税猶予

中小企業者等が現在のオーナー経営者から後継者へ事業を承継する際に最もネックとなるのが、株式を移転する際の税金です。生前贈与、相続、譲渡などいくつかの方法が考えられますが、いずれにしても会社の株式評価額が高ければ、多額の税金が伴うことになります。例えば、評価額1億円の会社の株式全株を一気に後継者へ贈与した場合、47,750千円(100,000千円×50%-2,250千円、暦年贈与の場合)もの税額が伴うことになり、大きな問題となります。今回はそれに対する一つの解決策として「非上場株式等についての贈与税の納税猶予制度」を取り上げます。

>>続きを読む

投稿者 税理士 宮城 洋平 | 記事URL

2011年12月18日 日曜日

住宅取得資金の贈与について

子が住宅を取得する際に親や祖父母から援助をしてもらう話はよくあることですが、場合によっては贈与税が発生してしまうこともあるので、注意が必要です。今回は住宅取得資金の贈与について取り上げます。

>>続きを読む

投稿者 税理士 宮城 洋平 | 記事URL

2011年12月 7日 水曜日

『更正の請求』の期間延長

23年度の税制改正は参議院を通過し、12月2日に無事公布されることになりました。今回はその中でも「更正の請求」の期間延長について取り上げます。

>>続きを読む

投稿者 税理士 宮城 洋平 | 記事URL

2011年12月 2日 金曜日

相続税・贈与税の改正は見送り

のびのびになっていた平成23年度の税制改正ですが、改正法案からは相続税・贈与税の改正事項は除かれ成立の見通しとなりました。

>>続きを読む

投稿者 税理士 宮城 洋平 | 記事URL

2011年12月 1日 木曜日

「相続の知識」ブログを始めます

本日より「相続の知識」ブログを始めます。
相続に関するあらゆる情報を豆知識的に提供していきたいと思っております。
何卒、宜しくお願い致します。

投稿者 税理士 宮城 洋平 | 記事URL