限定制につきましてはこちらをご覧ください

相続の知識

2011年12月 7日 水曜日

『更正の請求』の期間延長

23年度の税制改正は参議院を通過し、12月2日に無事公布されることになりました。今回はその中でも「更正の請求」の期間延長について取り上げます。



「更正の請求」とは簡単に言うと、納税者側が計算を間違えて、本来納めるべき税額よりも過大に申告納付してしまっているので、その税額を取り戻すための手続きです。一方、納税者が計算を間違えて、本来納める税額よりも過少に申告納付している場合に、国税側の指摘、手続きで税額を訂正し不足分を納付させる手続きを「増額更正」といいます。

これまで国税側の手続きである「増額更正」は申告期限の翌日から相続税が3年、贈与税が6年でした。一方、納税者側の手続きである「更正の請求」は相続税贈与税ともに1年と、不釣り合いで納税者不利の規定になっておりました。

今回それが改められ、「増額更正」、「更正の請求」ともに相続税は5年、贈与税は6年となり是正されています。

詳しくは⇒http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/encho/index.htm

投稿者 税理士 宮城 洋平